美脚になる記事はこちら。

【妊娠中の運動はした方がいい?】どんな効果がある?

最近では妊娠中の運動がすすめられていますが、「どんな運動がいいのか?そもそもしないといけないの?」と疑問があります。今回は妊娠と運動について書いていきます。

 

妊娠中に運動をしてもいいのか?

結論から言うと妊娠中の運動をおすすめします。お医者様に止められていない限り、できる範囲での運動なら問題ありません。期間指定はありませんがお腹が大きくなってきた満期に近づいてきたら控えましょう。妊娠すると動きづらくなり運動不足に繋がりますので、妊娠前から運動を習慣にしていなかった人でもこれをきに運動を運動を始めていきましょう。

※運動を始める前には主治医に許可をとりましょう。

してはいけない運動

足が安定しないような運動は転んでしまうと危ないので危険です。軽いウォーキングやヨガなど転倒しにくい運動を選びます。ホットヨガのように高温多湿は避け水分をたくさん摂りましょう。

筋トレも可能ですが、こんな動きはしないようにしましょう。

・身体を極端に捻じる動き
・お腹を過度に圧迫する動き
・お腹を揺らすような動き
・負荷が強すぎる運動

妊娠中の運動で得れる効果

花びらの花を保持している妊娠中の女性

運動は身体の血流を促進し、ストレス発散や体力向上を促します。妊娠中は身体が大きくなってくるため背中や腰の痛みなどもでてきますが正しい筋トレで軽減することができます。

出産までに体力をつけたり柔軟性を高めたりすることでメンタルにも良い効果があります。日ごろの体調次第で内容や難易度を変え身体の調子を見ながら運動していきましょう。

妊娠中ではピラティスがおすすめ

ピラティスでは重い負荷はあまりかけずに身体の使い方を練習していきます。妊娠中はお腹が大きくなっていき腰に負担がかかってきます。ピラティスでは寝転がりながら足腰を鍛えることができるエクササイズが多いので誤って転んでしまうこともなく安心できます。腰に負担のかけない身体の使い方を知り不調をとっていきましょう。

最後に

いかがでしたか?何よりも身体の安全が第一です。妊娠中の運動で出産が楽になるという研究もあるようです。特に妊娠中に太りすぎてしまう悩みも多いと思います。極端に痩せることはできませんが、妊娠中でも筋肉を落とさないようにすることによって出産後に元の体重に戻りやすくなります。
是非、軽い運動を取り入れてください。

 

Instagram  Facebook

 インスタグラムではピラティスの動画なども掲載しています。良ければフォローお願いします。

お問い合わせフォーム

大阪でレッスンをしています。お気軽にお問い合わせください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です