美脚になる記事はこちら。

ピラティスでよく使われるアーティキュレーションとは?

ピラティスインストラクターがよく「アーティキュレーション」「エロンゲーション」と言いますが、ご存知でしょうか?ピラティスエクササイズのおいてとても大切な動きとなります。両方とも背骨の動きを表しています。

 

アーティキュレーションとは

背中の骨をひとつずつ動かしていくことを言います。「上向きに寝て背骨を下からひとつずつはがすようにお尻を持ち上げる」「背骨を意識して徐々におろしていく」のように、滑らかな動きのことです。背骨とマットが触れている部分を意識してコントロールしていきます。ピラティスエクササイズでは、このアーティキュレーションがたくさん出てきます。意識してエクササイズに取り入れてみてください。これが出来ているか、いないかでは動きがだいぶ変わってきます。

 

エロンゲーションとは

Photo Of Woman Putting Her Hands Up

背中を縦軸上に伸ばすこと。「姿勢を良くして」と言われると胸を張りすぎてしまったり、腰を反らせてしまいますが、エロンゲーションのように背中を長く伸ばすような動きを習得することで正しい姿勢を意識できます。初心者の方は背中が伸びる感覚があればokです。

 

ピラティスエクササイズ

ピラティスでは、アーティキュレーションやエロンゲーションを基礎として様々なエクササイズをしていきます。なかなか文章では伝わりませんが、1度体験すると身体の新しい動かし方に気がつきます。この基礎的な動きを習得するだけでも姿勢が変わっていきます。

身体の筋肉の中でも特に背中は意識しづらく、上手く使えていない人が多いです。ここを柔軟にすることによって、他の動きにも繋がります。

ピラティスは腹筋のイメージが強いかと思いますが、背中や股関節を動かすエクササイズもたくさんあります。流派やインストラクターによって様々なピラティスを体験できます。ぜひ、一度ご体験ください。

最後に

聞きなれない言葉ですが、理解しているとレッスンでのパフォーマンスアップに繋がります。ピラティスを深めたい方はピラティスを体験して身体の変化を実感してください。

 

Instagram

 インスタグラムではピラティスの動画なども掲載しています。良ければフォローお願いします。

お問い合わせフォーム

大阪でレッスンをしています。お気軽にお問い合わせください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です