美脚になる記事はこちら。

【ピラティスの呼吸法】基礎から効果まで詳しく解説

 

ピラティスの呼吸について書いていきます。ピラティスを始めたばかりの方、始めようとしている方に読んでほしいです。

 

ピラティスの呼吸

ピラティスで呼吸はとても重要とされています。胸式呼吸と呼ばれ胸を意識した呼吸法です。鼻で吸いながら肋骨を横に広げ、肋骨を締めるように口から吐いていきます。お腹はあまり動かさず胸に空気を入れるイメージです。深く空気を吸い絞るように最後まで吐ききります。さらにこの呼吸を続けながらエクササイズをするので慣れるまでは少し時間がかかりますが、ピラティスの効果を高めるためにも練習しましょう。

 

呼吸は大事?

呼吸をするためにインナーマッスルを使います。意識して使うことによって普段の呼吸も上手になります。「なんか息苦しい」「立ち眩みがする」などの原因は、うまく呼吸ができていない可能性があります。毎日当たり前のように行っている呼吸ですが意外にうまく息を吸えてない方や吐けていない人がいます。1日に約2万回もの呼吸をしています。毎日の呼吸を意識するのは難しいですがピラティスのレッスンで意識することで自然とみについていきます。

 

胸式呼吸のコツ

女性, 幸福, 日の出, シルエット, ドレス, ビーチ, 自由, 呼吸, 喜び

腹筋群の中でも深層にある腹横筋を動かし胸を大きく広げます。まず上向きに寝転がり息を吸うときに背中がマットについていく感覚です。お腹は薄いままに肩は下げたまま胸を膨らまします。コツと言いながら少しややこしいですが、何回かすれば胸は動いてきます(全然動き出さない人もいますが…)。

 

最後に

人は生まれてから最後の日まで呼吸をしています。生きていくのになくてはならないものです。意識することによって身体が軽くなったり、心が晴れてきたりとメンタル面にも影響がでてきます。ぜひ一度ピラティスを体験してみてください。

Instagram

 インスタグラムではピラティスの動画なども掲載しています。良ければフォローお願いします。

お問い合わせフォーム

大阪でレッスンをしています。お気軽にお問い合わせください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です