美脚になる記事はこちら。

【お腹だけ痩せない】短時間で効果あり

 

MEMO
姿勢不良のひとつ反り腰(腰椎前彎姿勢)、チアリーディングポスチャーとも呼ばれ女性に多いです。腰痛の原因になり、お腹もぽっこりでて見えてしまいます。反り腰を治すだけでも綺麗に見えます。ざっくり説明していきます

反り腰とは

反り腰とは骨盤が前に倒れて(前傾)背骨のカーブがきつくなっている状態です。お腹やお尻、もも裏などが緩み、股関節屈曲筋が緊張している状態。

 

反り腰のデメリット

猫, ストレッチ, ペット

腰を痛めたり、腹筋が緩んでいるのでぽっこりお腹になります。さらにお尻を使えずに歩いている方が多いので太ももは張り、お尻は垂れ下半身太りの原因になります。

骨盤が前に倒れると股関節が内旋しXO脚などをを誘発する可能性があります。反り腰になるだけで色々な関節がねじれ支障をきたします。

腰が反って背中が丸い=反り腰と猫背など

関節がねじれ姿勢が悪くなると浮腫みの原因にもなります。健康面でも美容面でもいいことが全くないです。

 

反り腰チェック

上向きに寝て床と腰の間が手のひら一枚分以上空いていると反り腰です。膝を伸ばした状態で寝ると腰が痛い方は腹筋を鍛えた方がいいですね。

 

反り腰治し方

正しい姿勢にするためには硬くなった筋をストレッチして、緩んだ筋を鍛えます。

ストレッチする筋肉
・太もも前
・腸腰筋
・背中

鍛える筋肉
・お腹
・お尻
・太もも裏

ピラティスエクササイズ
・シングルレッグキックス
・スパインストレッチ
・アーティキュレーティングショルダーブリッジ

 

注意

ここで気を付けてほしいのが自分ひとりで姿勢を治そうと背筋をピンっと伸ばしたり、強度の高い腹筋などをすると余計に悪くしたり、痛めたりする恐れがあります。

 

「腰が痛いのでずっと反り腰だと思ってストレッチしていました」とスウェイバック姿勢の方に聞いたことがあります。スウェイバック姿勢とは骨盤が後傾している状態なので反り腰を治すストレッチとは違います。

 

腰痛の原因が反り腰というイメージがありますが、スウェイバックでも腰痛になります。もともと腰はそんなに自由自在に動かないので骨盤が前傾しても後傾してもダメということです。

 

まとめ

腰が反っているとセクシーなイメージがありますが、改善した方がよりいい美ボディになれますし健康的です。他の不良姿勢の記事もあるので良かったら見てください。

 

【太って見える姿勢】猫背の解消法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です