美脚になる記事はこちら。

【ピラティスって何?】ヨガと比較してわかりやすく徹底解説

 

ヨガは知ってるけどピラティスはわからない「えっティラミス?なにそれ」と言われることがまだまだ多いです。わかりやすくするためヨガと比較して説明をしていきます。

ヨガの発祥

ヨガ, フィットネス, 運動, 健康, 体, 瞑想, ピラティス, 細長い, ライフスタイル, 女性, マット

インドから発祥した仏教の修行・治療法で、宗教観に基づいた瞑想が生まれメンタル面にフォーカスした健康法です。自分の心と向き合いながら身体を動かします。腹式呼吸でポーズをとり自律神経を整えていきます。精神病の治療にも取り入れられています。

・ポーズをとり長いキープ
・瞑想などメンタルを意識
・腹式呼吸
・ストレッチ8、筋トレ2
・リラクゼーション

ピラティスの発祥

Photo of Woman Doing Yoga

ドイツ人のジョセフ・ピラティスが考えて生まれたエクササイズです。リハビリから生まれたエクササイズなので骨格や筋肉を意識することにフォーカスしています。インナーマッスルを鍛え強いしなやかな身体づくり、姿勢改善など身体の機能回復を目指す。スポーツに必要なコアを鍛えていくのでダンサーやアスリートにも取り入れられています。

・流れるように動き続ける
・骨格、筋肉など意識して姿勢を整える
・胸式呼吸
・筋トレ8ストレッチ2
・トレーニング

どっちを選べばいいの?

ざっくり言うと

「姿勢を良くしたい」ならピラティス
「リラックスしたい」ならヨガがおすすめです。

流派やインストラクターによって全然レッスン内容が違うので自分に合ったエクササイズを見つけましょう。ヨガでもトレーニングが多い先生もいればピラティスでストレッチだけのレッスンもあります。結局はヨガもピラティスも健康によく、美しくなれる!ということです。ヨガはメンタル、ピラティスはフィジカルというイメージでいいと思います。似たポーズをとることもありますが、ヨガは宗教から、ピラティスはリハビリから生まれたため目的や感じ方が違います。

 

じゃあ、スポーツジムの筋トレとの違いは?

ピラティスは自分の体の重さを使ってエクササイズをします。
なので、スポーツジムのマシンやフリーウエイトよりは負荷が軽いので筋肉を大きくしずらいです。ピラティスにしろスポーツジムにしろ正しいフォームでできているかが1番重要なので専門家に教えてもらいましょう。マットピラティスは自重エクササイズなので家でもできます。

ヨガも自分の体だけでエクササイズをするのですがリラックスするというのが大事なのでスポーツジムの筋トレとは目的が違うのかなと思います。

種類

ここまでマットを使用したピラティスとヨガの紹介をしてきました。
今ではたくさん種類があるので他の種類も紹介します。

ピラティス

・マシンピラティス(リフォーマー、チェアなど)はマットより強い効果を得られます。
・マタニティピラティス 出産前後の方を対象としたピラティス
・シニアピラティス 高齢者でも動けるピラティス
・ボディメイクピラティス 最近は美容のためのこのピラティスが流行っています。
・ツールを使用したピラティス ポールやリングなどを使う

 

ヨガ

・ハタヨガ 基礎的でスローなヨガだそうです
・陰ヨガ 穏やかなヨガ
・アシュタンガヨガ ダイナミックな動きを繰り返すヨガ
・ハンモックヨガ 布のサポートで逆立ちなど日常生活にとらないポーズをとります。

ヨガは30種類以上のあるので自分にあったヨガを見つけてください

最後に

大阪でピラティス教室に迷ったら、是非お問い合わせくだい!

Instagram

 インスタグラムではピラティスの動画なども掲載しています。良ければフォローお願いします。

お問い合わせフォーム

大阪でレッスンをしています。お気軽にお問い合わせください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です