美脚になる記事はこちら。

【股関節硬い】デメリットと柔らかくする方法

 

「股関節が硬い」「脚が太い」「ストレッチしても変わらない」「でも柔らかくしたい」という方向けの記事です。

 

 

Woman Stretching on Ground

まず股関節を知ろう!

 

股関節とは、上半身と下半身を繋ぐ重要な関節です。歩く座るなど日常の動作にたくさん関与しています(働き者!)。運動不足により股関節がかたまり上手く使えないため膝の負担が大きくなり、太ももが発達して太くなります。股関節が使えるようになるとお尻に仕事を任せれるようになり、太ももの負担が減って細くなります。

 

筋肉は負荷を与えると大きくなり、与えなければ小さくなります。
筋肉のバランスを整えることによって、美脚になります。

 

・太もも前を働かせすぎ
・お尻はニート状態なので働かせる

 

どうしたらバランスが整うの?

 

とりあえずストレッチすればいい!わけではありません。こなせない量の仕事を任され疲れきっている太ももは伸ばし、だらだらと働かないお尻を鍛えましょう。筋のバランスが整ってくると関節も動くようになり、綺麗なボディラインになります。関節が動いてくると姿勢も良くなり、いいことばかりです。

おさぼりがちなお尻も姿勢を整え働いてもらうと、丸くなり位置があがってきます。
筋肉は素直でかわいいです。

 

ストレッチしても柔らかくならない

 

生まれつきの硬さ以外は別として、まず2日や3日では柔らかくならないので続けましょう。1週間ぐらい忘れても、またやり出せば大丈夫です。ストレッチの癖がつくまでやってみると気づいた時には柔らかくなってます。

 

強く伸ばしすぎると筋は逆に硬くなってしまうので、リラックスして痛すぎない範囲で伸ばしましょう。ストレッチの体勢がとれない場合は、フォームローラーやストレッチポールなどで先にほぐしてからストレッチにチャレンジ!

 

股関節硬いとだめ?

 

股関節の動きが悪いと筋肉が固まるので血流やリンパの流れが悪くなる。
=浮腫みの原因となり脂肪がつきやすくなる。

 

・浮腫みがなくなり脚が細くなる
・血流やリンパの流れがよくなる
・筋バランスが整い姿勢改善
・股関節が使えるようになることでヒップアップする
・腰痛、膝痛改善

 

まとめ

股関節は関節の中でも色んな方向に動くことができます。動きがわるいと脚が太くなりますし痛みにも繋がります。股関節の可動性を高めてより良い生活を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です